■荒井寛方(あらいかんぼう)

日本画家の荒井寛方は1878年(明治11年)に栃木県の氏家町に生まれた仏画家です。生家は紋所や提灯の上絵を描くのを生業としていましたが、父が南画を学んでいた影響で21歳の頃に上京し、浮世絵の大家である水野年方の弟子となります。 その後、仏画模写の仕事を通じて画家として修練を積みます。この頃、木版口絵も描いています。第一回文展に「菩提樹下」が入選し、第二回から第四回展まで連続受賞します。この頃巽画会や紅児会にも参加し、原三渓の庇護を受けています。

荒井寛方買取

 [略歴]

1878年(明治11年) 栃木県に生まれる

1899年(明治32年) 水野年方に入門 同門に鏑木清方、池田輝方、大野静片等がいた

1900年(明治33年) 師年方より「方」の文字を受け「寛方」とする

1901年(明治34年) 第10回日本絵画協会展に初出品 2等褒状、続く秋の11回展でも2等褒状

1902年(明治35年) 美術雑誌社「国華社」に入社、これより44年まで勤める

1907年(明治40年) 第1回文展で初入選 この頃より原三渓の保護を受ける

1914年(大正3年)  第1回再興院展に入選

1915年(大正4年)  第2回再興院展に出品した≪乳糜供養≫が高く評価され、同人に推される

1916年(大正5年)  インドの詩聖タゴールが来日する。タゴールが創設した学園の絵画教授としてインドに招かれる
1917年(大正6年)   10月8日~11月27日 仏跡巡り(カルカッタからマドラス、バンガロールなど)

1918年(大正7年)  3月2日、アジャンタ壁画模写を完了 5月31日帰国

1919年(大正8年)  第6回再興院展へ出品、その独特な色彩が話題となった

1925年(大正14年)  両陛下銀婚式奉賀のため台湾風俗を描くように委嘱され台湾へ赴く

1930年(昭和5年)  4月、ローマでの日本美術展覧会に出品

1931年(昭和6年)  大観帝室技芸員となる

1940年(昭和15年)  9月、法隆寺金堂壁画修復模写

1945年(昭和20年)  66才にて逝去

◎作品紹介

『 竹林の聴法 』

『 阿弥陀 』

『 暮れゆく秋 』

『 乳糜供養 』

『 一遍上人 』

『 稚児文殊 』

『 景雲餘彩 』

『 瑞彩 』

『 玄奘と太宗 』

『 羅浮仙 』

『 横山大観還暦祝画帖 』

『 どんど焼 』

『 龍虎 』

『 富岡製糸場行啓 』

『 筑波山図 』

『 観世音菩薩 』

『 観世音菩薩 』

『 観音摩利耶 』

『 竜頭観音 』

『 横山大観喜寿祝色紙 』

『 観音図 』

『 小野道風 』

『 春秋山水 』

『 天地和平 』

口絵

  • 「袴垂保輔」 桃川実作 三芳屋版 明治35年
  • 「鬼童丸」 桃川実作 三芳屋版 明治36年
  • 「笊屋名主青砥政談」 三芳屋版 明治36年

 


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00