■荒井(あらいたかし)

荒井孝は日本画家で、中南米やインド、中国などに題材を求め、そこに暮らす人々の姿をありのままに描き出し、また、日光、奈良、京都など日本の風景や、四季の花々を瑞々しく画面にとどめます。宇都宮市で成長した荒井は、東京藝術大学大学院を修了、荒井孝が師事した画家は、日本画の画壇である平山郁夫です。日本画の基礎を学び、より洗練を極めた同氏の作風は、平山郁夫の影響があったと思われます。そして平山郁夫の薫陶を受け、長年、宇都宮を制作拠点として活躍しています。荒井は、東京藝術大学を卒業した1966年、《船》で再興第51回院展に初入選、以来、再興院展、春の院展を中心に作品発表を続け、1976年には《澄心》、2002年には《晨暉》で奨励賞を受賞いたします。新井は日本画の顔料のほかに、下地にアクリル絵具を用いたり、紙ひもを細かく切って画面に貼り付けたりと伝統的な日本画を越えた技法を研究、クレーやマグリットなど、西洋の画家からも刺激を受け作品を作り出していきます。

荒井孝

略歴
1938年-
栃木県生まれ。東京藝術大学大学院修了。師・平山郁夫
1983年 院展特待
1985年 栃木県文化奨励賞受賞
1988年 日本美術院特待に推挙
1993年 滋賀県甲南町庁舎壁画制作
1997年 浄蓮寺恵観堂天井画制作。奈良明日香村橘寺天井画制作。
外務省からの依頼で「夢殿」制作
1998年 足利市民文化賞受賞
1999年 増上寺天井画制作
2000年 文部大臣教育功労賞受賞/外務省からの依頼で「御室の桜」制作
2002年 紺綬褒章を授与される/院展にて奨励賞を受賞
2004年 下野新聞創刊120周年記念特別企画展で高内秀剛と二人展開催

◎作品紹介

「秋色」日本画
「秋日和」日本画
「天平の甍」日本画
「花の風車」日本画
「高雄清滝川」
「寒牡丹」
「石楠花」他

 


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00