■荒木十畝(あらきじっぽ)

荒木 十畝(あらき じっぽ)は、日本画家で長崎県大村生まれです。本名・朝長悌二郎といいます。荒木十畝は絵画への研磨を重ねるがべく上京を果たします。1892年の上京後、野村素介の紹介で荒木寛畝の塾への入門を果たします。その才能が荒木十畝に認められることとなり、娘である鈴と結婚します。 荒木家を継ぐことになり、雅号も「十畝」と改め新しく絵画人生をスタートさせることになります。伝統的日本画を継承しようとする保守派と、日本画の改革を行おうとする急進派の対立がある中で十畝は「守旧斬新主義」を掲げ、伝統的な日本画を継承しつつ、新しい日本画の構築に取り組みました。

荒木十畝
花鳥図を得意とした十畝は、明治40年から開催された文部省美術展覧会「文展」で、川合玉堂や横山大観などとともに審査員を務めました。寛畝の死後、十畝の作風は伝統的な様式から華やかな花鳥図に変わり、一門の総帥として帝国展覧会「帝展」の審査員などを務め、日本画壇で保守派のリーダーの一人として活躍しました。
〔印 名〕
「十畝」 「十畝筆止」 「木彦」 「酸竹」 「木悌」 「木悌書印」 「画竹三昧」 など

◎作品紹介

1908年の第2回文展で出した『渓流』
1918年に出した『花鳥画金屏風』(大村市が所蔵)
1919年の第1回帝展で出した『黄昏』
など


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00