■荒木寛畝(あらきかんぽ)

1831年7月24日(天保2年6月16日)生まれの画家です。荒木は、日本の幕末から明治時代に活躍した絵師・日本画家ですが本姓は田中です。幼名は光三郎。寛畝は号で、別号に雲居、橋村、木吉、詩画堂主人、達庵などがあるようです。濃密な色彩と緻密な描写による花鳥画を得意とした画家です。のちに土佐高知藩主・山内容堂の御用絵師となったが、明治維新後は洋画に転身し川上冬崖らに油絵を学みました。一時は、五姓田芳柳、高橋由一と共に油絵三名家とも称されましたが、その後、日本画に復帰しました。
東京美術学校教授や帝室技芸員も務めました。
門下生には、荒木十畝、池上秀畝、西沢笛畝などがいます。
「孔雀図」「菊花図」「芦辺遊鴨図」などの作品があります。

荒木寛畝
1830年 江戸・芝に生まれる
1839年 谷文晁派の荒木寛快に入門
1852年 寛快の養嗣子となる
1856年 山内容堂に認められ土佐藩の絵師となる
1872年 ウィーン博にて「菊花図」で受賞
藩主没後に洋画に転向。その後日本画に戻る
1887年 日本美術協会の重鎮として活躍
1898年 東京美術学校教授に就任
1900年 帝室技芸員拝命
1906年 英国ロイヤル・ソサェティ・オブ・アーツ会員
1907年 文展で第1回より審査員をつとめる
1915年 逝去

◎作品紹介

代表作
「孔雀図」「雉竹長春」など


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00