■麻田鷹司(あさだたかし)

麻田 鷹司は1928年(昭和3年)8月8日生まれの画家です、父は日本画家の麻田辨自で、弟は洋画家の麻田浩です。義弟は、国文学者・万葉学者の佐竹昭広、本名は麻田 昂です。
1967年に法隆寺金堂壁画再現事業に参加するなど、戦後日本画界を代表する画家として活躍しました。初期から一貫して日本の風景を描き続けましたが、特に那智の滝や佐渡、厳島、松島など古くから繰り返し描かれてきたいわゆる「名所」を題材にした数多くの作品を残しました。晩年には出身地の京都を主に描いています。京都の自然は人々が長い時間をかけて培い、守ってきたものであるので京都にこだわる必要があったようです。

麻田鷹司(略歴)

1928年
昭和3年
京都市に生れる。本名は昂(たかし)。

1948年
昭和23年
第1回創造美術展に「鷹司」の画号で入選。

1949年
昭和24年
京都市立絵画専門学校日本画科卒業。

1951年
昭和26年
創造美術の準会員となる。

同年、新制作協会日本画部に移り、その会員となる。

1954年
昭和29年
第1回現代日本美術展(毎日新聞社主催)に選抜出品。

1960年
昭和35年
第1回個展を東京画廊(東京・銀座)で開催。

1967年
昭和42年
法隆寺金堂再現模写事業に従事。

1970年
昭和45年
武蔵野美術大学教授をつとめる。

1974年
昭和49年
創画会結成とともに会員となる。

1979年
昭和54年
麻田鷹司-今日と明日-展を東京銀座・松屋で開催。

1986年
昭和61年
麻田鷹司展を何必館・京都現代美術館で開催。

1987年
昭和62年
死去。享年58。

 

◎作品紹介

「夏山」京都国立近代美術館蔵
「蜻蛉尻町」
「小太郎落」東京国立近代美術館蔵
「雲烟那智」京都市美術館蔵
「風濤」(佐渡)武蔵野美術大学蔵
「鴨東東山図」
「天橋雪後」何必館・京都現代美術館蔵
「竹生島」国際交流基金蔵
「厳島図」何必館・京都現代美術館蔵
「宗像杜沖島」福岡県立美術館蔵
「満開御車返」何必館・京都現代美術館蔵
「陸中海巌靄然」


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00