■池田遥邨(いけだようそん)

池田 遙邨は、倉敷市出身の日本画家です。本名は池田 昇一といい長男は同じく画家の池田道夫です。
1910年(明治43年)大阪の松原三五郎が主宰する天彩画塾に入門し洋画を学びます。そして1914年(大正3年)第8回文展に水彩画「みなとの曇り日」が入選します。わずか18歳での入選が話題となり天才少年画家として名声を得ています。

池田遥邨
京都市に移り竹内栖鳳の画塾・竹杖会に入門します。ここから日本画を学び始めて行きますが、第1回帝展に「南郷の八月」が入選をする快挙を成し遂げます。一度は故郷の倉敷に帰郷し、画作研究に没頭する日々を送ります。 それから、多くの賞を受賞し続けます。1928年の第9回帝展では「雪の大阪」が特選、さらには、1930年の第11回帝展「烏城」も、特選を受賞していくことになるのです。結果的に文化功労賞も受賞し、倉敷市名誉市民として評されています。その後、歌川広重に傾倒したり、晩年に限っては、種田山頭火に傾倒しており、俳句モチーフの作品も多く生み出していたといいます。
明治28年 岡山県倉敷市に生まれる。
明治45年 松原三五郎に師事洋画を学ぶ。
大正 8年 小野竹喬を頼って京都にでる。
竹内栖鳳の画塾竹杖会に入る
昭和11年 京都市立絵画専門学校助教授
昭和35年 日本芸衛院賞受賞
昭和51年 日本芸術院会員
昭和59年 文化功労者表彰
昭和62年 文化勲章受章

◎作品紹介

「颱風来」
1921(大正10)年

「災禍の跡」
1924(大正13)年

「昭和東海道五十三次 東京 日本橋」
1931(昭和6)年

「雪の日」
1929(昭和4)年

「法被を着た自画像」
1952(昭和27)年

「幻想の明神礁」
1952(昭和27)年

「森の唄」
1954(昭和29)年

「石」
1957(昭和32)年
他…


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00