■池大雅(いけのたいが)

池大雅は18世紀に活躍した文人画家です。1723(享保8)年、京都の町人の子として生まれますがその才能は早熟で、7歳のときに万福寺で書を披露し絶賛されています。37(元文2)年、亡き父の通称であった菱屋嘉左衛門を襲名し、扇屋を開きました。池大雅文人画といわれる分野で活躍しました。中国に端を発する「文人」たちは、幅広い教養と知識をもって国のあるべき姿を問うた人々です。彼らは互いに漢詩を送りあったり、共に書画を作りあげたりしながら、理想の国家、理想の生き方を論じました。大雅が生きた時代、日本でもまた地位や立場を問わず、文人たちは諸国を行き来して知見を深めていました。池大雅も中国の文人画に学びながら、同時代を生きる知識人たちと交わりました。禅僧との交流のなかで大陸の文物にふれていた大雅は、文人趣味の扇絵を描いていたといいます。この前後に柳沢淇園と出会い、絵を学びます。20代の模索の時代には、指頭画などにも挑戦しました。そして大雅は、自らの足で歩き実際に見た景色を数多く描き(真景図)20代半ばには、淇園の仲介により、13歳の木村蒹葭堂が大雅に入門した。池大雅は金銭には無頓着で、当時の文化人たちと親しく交遊し、自らの理想とする文人生活を送っていたとされています。まさに文化人にある理想の生活をしていますね。そして71(明和8)年に与謝蕪村と描いた《十便十宜図》は、日本近世の文人画の双璧による記念碑的合作です。尚、妻の玉瀾も文人画家です。

池大雅買取

◎作品紹介

箕山瀑布図 延享元年(1744年)(22歳) 個人蔵 木村蒹葭堂旧蔵

指墨山水図 終南浄寿賛 延享2年(1745年)(23歳) 山種美術館

風雨起龍図 延享3年(1746年)(24歳) 個人蔵

柳渓渡涉図 延享3年(1746年)(24歳) 千葉市美術館

赤壁舟遊図 寛延元年(1748年)(26歳) 個人蔵

江山季秋図 寛延2年(1749年)(27歳) 個人蔵

陸奥奇勝図巻 寛延2年(1749年)(27歳) 九州国立博物館 (重要文化財)

赤壁図屏風 寛延2年(1749年)(27歳) 文化庁 (重要文化財)


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00