■今村紫紅(いまむらしこう)

今村 紫紅は、神奈川県横浜市出身の日本画家です。本名は寿三郎ですが35歳でなくなります。大胆で独創的な作品は画壇に新鮮な刺激を与え、後進の画家に大きな影響を与えた画家です。
1897年(明治30年)、長兄保之助(号・興宗)の勧めで、兄と共に松本楓湖に師事し、特に兄の厳しい指導のもと大和絵の粉本の模写に明け暮れます。兄の指導は厳しく、まだまともに描けない状態で銀座界隈まで写生に行かせたり、走っている馬を写生するため人間も走りながら写生しろと言ったり、色を強く塗ると叱りつけ水で洗い流して描き直しをさせたという話があります。翌1898年(明治31年)には様々な美しい色彩を表す「千紫万紅」から二字を取り、自ら「紫江」と号をします。同年10月、日本美術協会展で早くも初入選して1900年(明治33年)、生涯の友となり行動を共とする安田靫彦らの紫紅会に入会するが、会名と紫紅の名前が同じため会名を紅児会と改称します。同会、および楓湖門下生を中心とする巽画会で、主に歴史人物画の研究を進め、新日本画の開拓のリーダー的存在となります。
今村紫江買取

◎作品紹介

平親王
時宗
達磨
伊達政宗
南風
沙魚
細雨
早春 など


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00