福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■弘法大師像買取ました!骨董品/福岡

 

■弘法大師の仏像買取りました/福岡・骨董品
地元、福岡県太宰府市より仏像や掛軸、茶道具などをお預かりいたしました。

空海仏

写真は空海の銅製仏像です。重厚なお厨子に入っています。空海は遣唐使の1人として、念願の唐へ渡ることになります。唐に入って約半年後には、唐の国師で、真言密教を正式に受け継いだ僧である恵果(えか、けいか)に会いに行ったそうです。恵果は密教のすべてを伝授。この中には曼荼羅(まんだら)の秘法などが含まれていました。わずか半年という短い期間で、空海は師である恵果から「真言密教の師」と認められたのです。唐へ渡った約2年後、806年に空海は日本に帰国しています。帰国後の空海は、なんと地元の太宰府にある観世音寺に2年ほど滞在していたそうです。その後、京都・高雄の神護寺に入り、翌810年、嵯峨天皇のために国家を鎮める大祈祷を実施しました。嵯峨天皇はこのように密教を理解したことから、宮廷の人々に密教呪術の効用が認識され、真言宗が重んじられるようになります。812年(弘仁3年)には比叡山(ひえいざん)の最澄(さいちょう)や弟子らに灌頂(かんじょう)と言う、水を頭に注いで仏位につかせる儀式を行いました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では仏像を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休

★査定のポイント

●状態…汚れや変色の少ない仏像に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…在銘や作家銘や次代などが判る仏像には高価買取が期待できます。
●その他… 中国仏やチベット仏は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00