陶磁器(青磁)買取/福岡県・骨董品|福岡市南区で陶磁器コレクターさんより青磁を沢山買取させていた頂きました。人間国宝の中島宏さんの作品や中国龍泉窯のもの、高麗青磁などもあり高価買取させて頂きました。中島宏は2007年「青磁」の技法で重要無形文化財保持者として人間国宝に認定された陶芸家です。青磁は中国の宋時代に始まった陶芸技法ですが、そのころすでに「完璧」と言えるレベルにまで昇華された技法でした。

青磁買取福岡
中島宏はこの技法に挑戦し独自のスタイルを確立したことが高く評価され、人間国宝の認定に繋がりました。中島宏は「中島ブルー」で知られる青磁の分野の人間国宝で、初期は白磁の作品も手掛けましたが、晩年には「彫文」などの精巧な技術を青磁に取り入れ、伝統を遵守しながらも独自の作風を確立していきました。中島宏は佐賀県武雄市の陶芸家で、青色を出すことが極めて困難と言われていた青磁において美しく幻想的な青色を出すことに成功した天才と称されています。
その青は「中島ブルー」や「中島青磁」と呼ばれるほどに確立しており、どこかターコイズブルーを彷彿とさせるような深く穏やかで品のある魅力的な色合いが特徴です。中島宏は陶芸家の父を持ち、子どものころから陶芸に親しんできました。
父の手伝いをしながら陶芸の技術を身に着けて、28歳という若さで弓野の古窯跡に半地上式穴窯を築窯して独立しました。宋の時代の中国の青磁について研鑽を積み、その技法を体得した上に、美しい青色を出すために試行錯誤を重ねて、ついに幻想的な「中島ブルー」を引き出すことに成功します。

青磁の買取/福岡

下記は略歴です。
中島宏:1941年、武雄市生まれ。69年に弓野古窯跡に窯を築き、独立する。青磁に取り組み、77年に日本伝統工芸展奨励賞、81年に第1回西日本陶芸展総理大臣賞、83年に日本陶芸協会賞を受賞する。「中島青磁」と呼ばれる独創的な作品は高い評価を受け、96年にはMOA岡田茂吉大賞、藤原啓記念賞、佐賀新聞文化賞を受賞する。作品集のほか、95年には随筆集「弓野四季釉彩-中島宏の世界」を出版した。日本工芸会正会員。県重要無形文化財工芸技術保持者。
ありがとうございました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では青磁など陶磁器を買取ります。お見積りや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。