有田焼(白磁)買取/福岡・骨董品…福岡市博多区にて有田焼や伊万里焼の花瓶、皿、壺など陶磁器を買取り致しました。煌びやかで豪華な絵付けの有田焼がある中、白磁のシンプルなものも多くこの香炉もその一つです。白磁を代表する作家さんは多々おられますがやはり人間国宝の「井上萬二」さんではないでしょうか?井上萬二さんは昭和4年有田町生まれ。同20年ごろ14代酒井田柿右衛門、奥川忠右衛門らに師事、白磁制作の技法を習得します。同33年から県立有田窯業試験場に勤務しながら磁器の成形、釉薬(ゆうやく)の研究を重ね、伝統的な白磁制作技法を極めました。「現代の名工」労働大臣表彰、日本伝統工芸展で文部大臣賞などを受賞。平成7年には重要無形文化財「白磁」保持者に認定されました。現在、日本工芸会参与、有田陶芸協会長。

 

有田焼買取福岡
井上萬二の有名な作品をいくつかご紹介します。
「白磁丸形壺」は井上萬二の代表作ともいえるこの作品で、その名の通り白磁の美しさを際立たせた丸形で作られています。
カーブの頂点や口部の開き、高さなど、井上さんがこだわりぬいた逸品です。
「白磁渦文花瓶」は、白磁の特徴である艶のないマットな質感の作品です。
この作品は下に行くほど形が広がっており、表面には「波」のような線が入っています。
井上さんが徳島県の鳴門(なると)を訪れた際に見た渦潮から着想を得て作られました。
「白磁黄緑釉公孫樹文耳付花瓶」は、ろくろを仕上げた後に花瓶の両端に耳を付けた作品で、2010年に作られました。
花瓶の下半分を黄緑色を塗り、その上に緑色の扇のような彫りを入れています。
「白磁瓜形壺」はろくろを仕上げた後、柔らかいうちに指で薄く線を入れた作品で、2010年に作られました。
井上さんは丸い壺に線を入れることで、瓜の形に見えるようにしました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では有田焼を買取ります。
お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致します。