こんにちは。今回の出張買取は福岡市南区にて中国の掛軸や家具、中国陶磁など多数買取りさせて頂きました。
特に家具は紫檀や堆朱の物が多く時代も100年以上の物もありましたので高価買取させて頂きました。ありがとうございました。
中国家具の買取
堆朱(ついしゅ)は、彫漆の一種です。彫漆とは、素地の表面に漆を塗り重ねて層を作り、文様をレリーフ状に表す技法を指しますが、日本では表面が朱であるものを「堆朱」、黒であるものを「堆黒(ついこく)」、黄であるものを「堆黄(ついおう)」と呼ばれています。中国では、黒漆の層に文様を彫り表したものを「剔黒」、朱漆の層のものを「剔紅」といい、中国漆器を代表する技法とされます。その堆朱ですが日本には平安時代末から鎌倉時代初頃に伝来し、室町時代頃本格的に製造が始まったようです。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では中国の美術品や家具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します